子供 紫外線対策 小学生 日焼け

子供の日焼け防止方法

子供の日焼け対策

子供の紫外線対策は重要子供の紫外線対策はとても重要です。

 

どんな対策がとっていけるのか見ていきましょう。

 

子供のための日焼け予防方法

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 外で遊ぶ時は帽子をかぶる
  • UVカット加工した洋服を着せる

 

日焼け止めクリームを塗る

子供の日焼け対策

日焼け止めクリームは紫外線を吸収したり紫外線を反射したりして皮膚に紫外線が当たらないようにしてくれるものです。

 

大人はもちろん毎日つけていると思いますが、子供でも大切特に外で遊ぶ子供学校に毎日通うときは飯田市にあたりますので、日焼け止めクリームを塗ってあげた方がいいでしょう。

 

日焼け止めクリームは塗るときの注意点としては、まめに塗り直さないといけないたっぷり塗らないといけないというところがあります。

 

実際にこれがなかなか小学生では難しく学校に行くと日焼け止めを塗り忘れてしまったり、場合によっては持ってきてはいけないという校則があったりして日焼け止めが塗れないこともあります。

 

そういう時は強めの紫外線カットクリーム、例えばウォータープルーフの日焼け止めなどを塗って長い間でもなるべく落ちにくいように工夫する必要があるでしょう。

 

子供の日焼け対策

子供は大人より汗をたくさんかいて昼休みなどは校庭で思いっきり遊ぶと思います。ですので、できれば強い日焼け止めを外で遊ぶ前には塗った方がいいです。

 

中学生の場合はまた部活の時にたくさんの汗をかいて日焼けをしてしまいます。

 

ですので、できれば部活をする前に更衣室やトイレなどでウォータープルーフの日焼け止めを入れるといいですね。

 

外で遊ぶときは帽子をかぶる

子供の日焼け対策

外で遊ぶときはしっかりと帽子をかぶりたいものです。帽子といってもなるべくつばが広いもので顔が隠れるタイプのものです。

 

遊んでいるときは日傘を差したりすることはできませんし、そんなことをする子供もいません。

 

そうなると思いっきり飛んだり跳ねたりしても落ちないような帽子をかぶらせてあげることが大切です。そうすることで顔の大部分に紫外線が当たるのを防いでくれます。

 

UVカット加工している洋服を着せる

子供の日焼け対策

最後の方法がUVカット加工している洋服を着ているということです。

 

薄いシャツの場合は洋服を着ていても下まで日焼けをしてしまうことがあります。

 

そうなるとUVカット効果がある洋服を聞きたいですね。

 

しかしUVカット効果がある洋服で小学生用の物や中学生のものはなかなかなく中学生の場合は制服を着ているので自由に洋服が選べないと思います。

 

そういう時は洗濯をするだけで紫外線を防止する機能がつけられる洗剤で洋服を洗うといいでしょう。

 

ただ中学生の場合は学校生用の制服があると思いますので、長袖を着るのは難しいかもしれません。

 

子供の紫外線対策が重要な理由とは

子供の日焼け対策

 

  • ガンを予防する
  • 将来の美容的な悪影響
  • 免疫力が落ちる

 

ガンになる可能性が高くなる

なぜ子供に紫外線対策が必要かというとそれは癌になってしまうかもしれないからです。

 

紫外線はDNAを傷つけるほど作用が強いです。それでDNAが傷つけられたのは細胞分裂が行われてしまうと正しく細胞がコピーされなくなり眼科してしまいます。

 

そうすることで皮膚癌になる恐れが出てきます。

 

肌が黒っぽくなるタイプの子供であればそれほど気にする必要はないのですが、肌が白くてなかなか日焼けをしないという子供は紫外線をカットする力が弱いのでとても注意が必要です。

 

将来の美容のために

子供の家は思いっきり外で遊びたいところですが、特に女の子では大きくなってからシミやシワに悩まされるのは避けたいものです。

 

それでなるべく日焼け止めクリームなどを塗って紫外線に当たらないようにしたほうがいいです。今30代40代のお母さんでシワやシミができてきて、小さい頃にもっと紫外線対策をしておけばよかったと後悔している方もいるかもしれません。

 

自分の子供にはそんな思いをさせないように子供が私を嫌がっても日焼け止めを塗ってあげたり帽子をかぶるように指導してあげた方がいいでしょう。

 

免疫力が落ちる

実は太陽に当たると体が健康になるところが免疫力が落ちてしまいます。

 

それは紫外線に殺菌作用があって皮膚に当たると皮膚の免疫力を落としてしまうからです。

 

実際には皮膚の細胞の表面にあるランゲルハンス細胞という免疫を司る細胞が減少したり動きが抑制されて風邪などにかかりやすくなってしまいます。ですので、体の健康のためにも日焼けはしない方がいいのです。

 

日光は必要ではないのか

子供の日焼け対策

ここまで読んできた方の中には紫外線は骨を強くしたり体を強くするために浴びないといけないのではないかと思った人もいるでしょう。

 

確かに紫外線に当たると体の中でビタミンD3が作られます。

 

ビタミンD3が作られると骨にカルシウムが沈着するのを促進してくれてつまり骨が強くなります。紫外線に当たると骨が強くなるという良い効果があるのです。

 

ただしこのために必要な紫外線というのはすごく少ない量で何と手のひらの大きさで1日15分当たればいいのです。

 

ということは昼休みは中休みなどにたっぷり紫外線を浴びる必要はなくむしろ旦那との予防のためには紫外線をカットした方がいいのです。

 

子供は外にいる時間が長い

実は18歳の未満の子供が一生涯で浴びる紫外線の半分を浴びてしまうといわれています。

 

確かに子供は小さい頃から公園でよく遊んだり学校に今日になると通学時間にも日焼けをしますし、中休み昼休みには外で思いっきり体を動かして遊びます。

 

体を動かすと筋肉がついて体にとっては大切なことですが、紫外線に長く当たりすぎるというデメリットがあります。

 

紫外線にたくさん当たっても心配がないように日焼け止めを塗ってしっかり伝え作詞ていくことが必要です。

 

子供には飲む日焼け止めもおすすめ

子供の日焼け対策

 

最後に新しい紫外線対策方法を紹介したいと思います。

 

新しい紫外線対策法というのは飲む日焼け止めサプリメントです。

 

飲む日焼け止めと聞くとどんな作用があるのだろうと思うかもしれませんが、飲むことで内側から紫外線のダメージをケアをしてくれるサプリメントです。

 

最近はかなり普及してきていて、シミやシワの予防に飲んでいる女性が大勢いますし、日差しに当たるのが長い外回りの仕事をしている方トラックのドライバーの方など男性にも使われています。

 

子供にとってもメリットなどが飲むだけで簡単ということ。日焼け止めクリームだと何度も抜い直さないといけない上に汗をかいてベタベタすると子供が嫌がったりすることもありますが、日焼け止めサプリであれば1日1回投稿する前に飲めばいいのでとても楽です。

 

24時間効果が続く、塗り直したりする必要もありません。

 

紫外線対策を徹底的にしたいという方は日焼け止めはもちろんですが、飲む日焼け止めサプリメントでも対策をしていくといいでしょう。

 

お母さんのシミしわ予防にもなりますので、子供とお母さんで飲んでいる方も少なくありません。