太陽によくあたると骨が強くなる 危険性

太陽によくあたると骨が強くなる?危険性は

そうすると骨が熱くなる骨芽細胞が活性化するということがわかります。

 

太陽によくあたると骨が強くなる?危険性は

 

ビタミンDを作るから紫外線に少し当たるということはいわれていますが、赤外線も骨を分厚くすることがわかります。

 

太陽光によく当たっている人は骨ががっしりとしています。
これは何度も何度も再生作用が働いているからではないでしょうか。

 

実際に南の国の人では骨ががっしりしている人が多いのです。
赤外線を当てるとシワが取れるのはコラーゲンが増えているためです。

 

UVBはDNAの損傷飲む日焼け止めシミを起こします。
UVAは光老化を促進させます。

 

タンパク質であるコラーゲンを変性させる他シミやシワのもとになります。

 

そして今回場外した近赤外線も筋肉の組織を破壊しシワやシミの元になる他光老化を促進します。

 

UVBは皮膚の表面である表皮にしか盗撮しません。

 

しかしUVAはそのもっと奥である真皮まで達します。
しかし近赤外線はもっと人の体を透過する力は強く筋肉組織にまで達してしまうのです。

 

このようなことから分かってくることはあまり沢山の近赤外線を浴びるのは良くないということです。

 

筋肉まで到達してしまう程透過力が強いのです。

 

太陽から発せられている光というものはすべて老化を促すといっても過言ではないのです。

 

精白されたものを食べると

血糖値が急に上がります。

 

そうすると活性酸素が多く発生します。

 

活性酸素が増えると細胞に傷をつけます。

 

それで体が老化しやすいといわれています。

 

甘いものを何よりも先に食べるとそのように血糖値が上がるのでこんにゃく野菜のような血糖値を上げないもの食べてから甘いもの食べた方がいいでしょう。

 

日本人はほとんどが白米を食べていると思いますが、白米よりは胚芽白米やゴキブリのようなもの食べた方がいいのです。

 

そうすると血糖値がたくさん上がらないになってなおかつビタミンやミネラルを摂取することはできます。

 

わざわざ精白されたものを食べる必要ないのです。

 

精白されているところにも栄養がたくさん含まれているからです。

 

赤外線にあたらないためには紫外線カットをするクリームはたくさん販売されていますが、赤外線をカットするクリームは滅多に売っていません。

 

一部のクリニックでは赤外線をカットするサンスクリーン剤を販売しているのですが、ほとんどのところでは入手することができません。

 

このようなものは光光線過敏症の人にとても好評なのですが、一般の人には手に入らないというのがデメリットです。

 

そうすると対策としては肌を露出しないということが挙げられます。

 

肌を露出することはやめて夏でも長袖の涼しい洋服を着ることで赤外線をカットすることができます。

 

それ以外の赤外線カット方法それ以外にも赤外線をカットする方法はあります。

 

それは髪の毛など家でカットするということです。

 

ケラチンが近赤外線を守る

動物が炎天下でも体力を消耗してしまうないのは気の性質に秘密があります。

 

例えばひつじはケラチンという物質でできた毛が生えています。

 

猫はストーブにあたっても少しも暑そうな顔をしていません。

 

それは猫に生えている猫外に秘密があるからです。

 

このような天然に生えている体毛にはきちんとした理由があってむやみに刈り取るものではありません。

 

実は人間の髪の毛にもケラチンが含まれています。

 

タイムをにも含まれていて皮膚の表面である角質にもケラチンが含まれています。

 

このような所は髪の毛を定期的にカットしたりターンオーバーで肌が剥がれて入ってもすぐに修復されます。